志望動機は特に重要。とにかく具体的に書こう。

志望動機は特に重要。とにかく具体的に書こう。

志望動機は特に重要。とにかく具体的に書こう。

 

学生の売り手市場だと言われる就職活動状況ですが、企業側は引き続き、エントリーシートを重要視しています。

 

なぜなら、エントリーシートの描き方は、如実にその学生の能力を伝える手段だからです。

 

エントリーシートには様々な項目がありますが、中でも採用側の注目度が特に高いといわれる志望動機の欄について、一緒に考えてみましょう。

 

まず、字の上手い下手に関わらず、一文字一文字を、心を込めて書くことです。ここでいう心とは、「この会社に入りたい!」という一途な気持ちです。

 

あなたが目指す業界内には、複数企業が存在する場合がほとんどでしょう。その場合、なぜ、その一社に的を絞ったのかを明確に書くようにします。

 

例えば、飲料メーカーに就職を希望している場合、あなたが、その会社に強く惹き付けられた理由を具体的に記述することが大事です。

 

「貴社は社員一人ひとりの意見を採用する機会を、社内で取り入れていると知ったので」「仕入れから販売までを一人の人物に任せている貴社の方針に深く興味を持ちましたので」

 

など、自分が実際に起業研究で学び、良いなと感じた部分を、臆せずにエントリーシートに記入することが大事です。

 

エントリーシートを記入する際に、まだ社会人経験がないのは、応募者にとって、皆、同じです。

 

ですから入社したい思いを述べるのに、遠慮は要りません。

 

入社したい会社を、事前にできるかぎり多くの手段で調べ、自分が、その会社だからこそ、実力を発揮できるのだと、説得力を持った文章を書くように努力しましょう。

 

採用担当者は、あなたがそうして懸命に書いたエントリーシートによって、応募学生の、入社への熱意、自分の長所を把握する明瞭さ、そして、エントリーシートで、採用担当者に伝えることのできる文章などのアピール能力を知るのです。

 

無理に個性的なアピールをする必要はありません。

 

採用担当者は、ずば抜けた能力よりも寧ろ、己を客観視できる冷静さと、企業に入り、地道な仕事に粘り強くまい進できるエネルギーが、応募者の学生にあるかどうかを、エントリーシートから見ています。

 

「この面接にたどり着けたら、あなたの笑顔を含めて、相手へ伝えることができる情報量は格段に上がります。

 

ですから、まず、学生に会ってみたい」と感じさせる、読む人の心に届く、前向きで、丁寧なエントリーシートを書くように心掛けます。

 

エントリーシートを何度も書き直す労力は決して無駄にはなりません。入社のために、この労力を掛ける実力が学生にあるのかこそを、企業側は見たいのです。

 

そして、あなたをよく理解している親族や、信頼できる先生、仲の良い友人にもぜひ見てもらい、アドバイスは素直に受け入れながら修正を重ねるのも、良いエントリーシートの完成への近道です。

 

具体的な言葉でエントリーシートを記入するためには、企業研究と、自分への冷静な洞察が欠かせません。

 

自分は社会人のたまごなのだと意識をして、自らを客観的に見る目を今日から養いましょう。

 

あなただけの丁寧なエントリーシートを、ぜひ、仕上げてくださいね。